高麗人参が快適に育つ環境

高麗人参は苗を土に植えて毎日水をかけて、成長するのを待っているでは成長しないので育てるのがとにかく難しいとされている高難易度の物で、これを自分で実際に作るとなると、とにかく大変なのです。

高麗人参に求められる状況は以下になります。
1.土壌作り(有機物を土に入れて約1年から3年かけて快適な土壌を作っていきます。)
ここでポイントなのですが化学肥料の仕様はNGで、あくまで自然に土壌を作成していきます。
2.高麗人参は直射日光を嫌うので、日が当らない場所である日陰に置く事が重要。
季節や時間ごとに太陽の位置が変わるので、どの太陽の位置でも光が当たらないようにする事が大切です。
3.ここが高麗人参の最も重要なポイントなのですが、最低でも発芽するまでに4年かかり身がなり始めるのですが、さらに2年寝かして養分をしっかりと取らせる6年育成が大切です。

このように高麗人参には育てるにあたって、土壌作りから実際に発芽して身がなるまで多くの時間を費やしていくので、忍耐力が問われるのです。
さらに長い年月かけて育てるので、根腐れや害虫などの状態も考えられるので、その状態を防止する対応をする事も重要になってくるのです。
一般家庭でも育てれるようになっていますが、高麗人参の育ちやすい環境を作るだけで凄く気が遠くなってしまうのです。
しかし、その分高麗人参に含まれている成分は魅力的な物なので、成長した時には感動を覚えると思います。

↓高麗人参のダイエット効果