仙薬と呼ばれていた高麗人参

高麗人参は形が特殊で通常の人参と形が違っいます。
なんとも神々しい雰囲気を放っており、仙人が摂取していたと言っても違和感がないくらい独特な物なのです。
数千年も前から存在しており、その頃は仙人の薬と呼ばれていたという話が伝わっています。

またその他にも高麗人参の効果に関しても仙人が摂取していたのではと思われる物が含まれており、代表的な物として滋養強壮が挙げられます。
滋養強壮は精神的な面の対応、肉体的な面の対応、性機能を向上させる対応という生きていく上で欠かせない効果を発揮してくれるのです。
このように全ての人間が持っている機能に対して働きかけてくれる効果を持っているのは高麗人参だけであり、その効果からも仙人が愛用していたのではという話が出ているのです。

このような効果からも、存在している時期からも、仙人が食べていたのではと考えられるのです。
もちろん今でも漢方薬の第一線で活躍しております。